みやざき木づかい県民会議

  • HOME
  • 県民会議とは
  • お問い合わせ

久永住建さんの「宮崎県産大径材杉の家」を見学してきました。(完成編)

 平成28年4月25日(月)に、昨年11月に構造見学をさせていただいた、久永住建さんの地元で育った天然杉材をふんだんに使った「宮崎県産大径材杉の家」の完成見学に行ってきました。

外観
  玄関には将来のことも考えられたスロープが設けられています。
玄関

 玄関の立派な化粧胴差と木製ウッドデッキが目を引きます。
 また、雨掛りや室内への日差しを考慮して通常の住宅よりも軒の出を深くした、「高温多雨晴」という宮崎の気候風土にあわせた造りになっています。

リビング

 リビング・ダイニングにも宮崎県産スギ材の腰壁や太い大黒柱・梁が※「現し」で使われており、天井を高くして吹き抜け風の造りになっています。
 また、各部屋の出入口が廊下ではなくリビングにあるため、家族が顔を合わせる機会が多い、明るく広々とした間取りで、敷居等の段差が無いバリアーフリー住宅になっています。
※ ふつうは仕上げ材によって隠してしまう構造部分を、露出させ見える状態で仕上げる手法を「現し」という。(例:上記写真 天井を張らずに小屋裏の構造材をみせる「小屋裏現し」)

 P1120813
  構造材には通常より大きなサイズの大黒柱(270㎜角)や大梁(断面 240×360㎜)を使い耐震強度を高くしているそうです。
洗面所(1)
トイレ(1)
洗面所 トイレ
クローゼット 寝室
 クローゼット  寝室
 シックハウス対策として、天然杉(床材:桜・檜)を使い新建材による薬害をなくしており、また、湿気対策として、トイレや脱衣所等の壁・天井に、調湿性能を持つ杉板が張られています。

 

 

〇 特徴、工夫点・アピールポイント
 ・安心の耐震構造 : 宮崎県産大径スギ材を贅沢に使用した大黒柱・太梁
 ・用途に応じた材質選び : 床は桜・檜、壁・天井はスギ
 ・仕上げ材 : 天然素材によるシックハウス対策、木の素材が生かされた家を、設計しました。
 木材を床・壁にふんだんに使用しているので、玄関の戸を開けた途端に木のよい香りが漂ってきます。
 幼いお子さんに対しても、天然素材を100%使用した、とても身体にやさしい健康的な往まいとなっております。

間取り 3LDK  
延床面積 116m2
木材使用量   48.6620m3 
施 工 久永住建
  宮崎市清武町今泉甲1212-1 
TEL  0985-85-5695 

 

みやざき木づかい県民会議 構成団体

みやざき木づかい県民会議 事務局 宮崎県木材協同組合連合会

〒880-0805  宮崎県宮崎市橘通東1丁目11-1   TEL:0985-24-3400 / FAX:0985-27-3590

copyright 2014 みやざき木づかい県民会議 All Rights Reserved.