みやざき木づかい県民会議

  • HOME
  • 県民会議とは
  • お問い合わせ

「日向市新市庁舎完成披露市民見学会」に参加してきました。

4月16日(月)に開催された、「日向市新市庁舎完成披露市民見学会」に参加してきました。

◆ 新庁舎の建設コンセプト
   新庁舎は、単なる行政のオフィスビルではなく、市民共有の財産として、「市民の皆さまから親しまれ、永遠に愛される市役所」を目指して建設されました。
   
  〇 新庁舎キャッチフレーズ
    「市民が奏でる“交響”空間 ~優しく 強く 温かい“庁舎”~」
     新庁舎建設のキャッチフレーズである「市民が奏でる“交響”空間 ~優しく強く温かい“庁舎”~」は、利用者や環境に優しく、災害などから市民を守る強さを備え、温かな地域社会を創るための協働のまちづくりの拠点施設として相応しい庁舎の姿を表現しています。このキャッチフレーズのもと、次の6つの基本方針に基づき建設されました。
   
  〇 新庁舎建設の基本方針
   

・ユニバーサルデザインを取り入れた人に優しい庁舎
・市民サービスの向上を実現する庁舎
・協働のまちづくりの拠点となる庁舎
・防災の拠点施設となる安全・安心な庁舎
・環境共生へ取り組む地球環境に優しい庁舎
・日向市の地域性を生かし、周辺環境と調和した庁舎

 

 4階建て新庁舎の日除けルーバー・デッキ等には、耐候性処理が施された木材が使われています。
 また、南海トラフ巨大地震が発生した場合にも、
津波によって浸水しないように約1mの嵩上げを行って、1階のフロアの位置を想定される浸水高さよりも高くしたり、免震構造を採用して地震の揺れを低減するなど、災害にも強い庁舎になっています。

 
〇見学会開催に先駆けて、市長のあいさつと記念撮影が行われました。
  十屋幸平(とやこうへい)市長あいさつ
  市長と一緒に記念撮影
 
〇新庁舎見学風景
 見学会は平日の開催にも関わらず多く参加者が集り、市民の関心の高さがうかがえました。
 
 床材には圧縮処理がされた木材使われていて傷が付き難くなっており、天井に使われている木材は準不燃処理が施されています。
 1階ホールは、期日前投票場としての利用や市民イベントへの利用等、多目的に利用ができるスペースになっています。
 
 見学会では特別に市長室にも入る事が出来て、参加者の皆さんは市長の椅子に順番に座って記念撮影を行っていました。
 
 議場にもふんだんに木材が使われていました。 
 

  新市庁舎の2~4階の四方を囲むテラスは外部階段を設けることによって、閉庁時に津波が起こった場合にも最大で約5,700名が非難する事ができるようになっています。 
 また、庁舎には7日分の非常用発電燃料・雑用水と、3日分の上水も備蓄されています。

 

 

〇 概要
・建築場所 日向市本町10番5号
・敷地面積 約21,986m
・建築面積 約3,220m
・延べ面積(本庁舎) 約11,573m
・用途地域 商業地域
・建蔽率 80%
・容積率 400%
・構造     鉄筋コンクリート造
一部鉄骨造4階建
基礎免震構造
テラス:プレキャストコンクリート
梁:プレストレストコンクリート

 

〇 木材使用量(概数)
調達区分 耳川流域材 合 計
市有林 その他
材処理区分 無処理材 準不燃処理材 耐候性処理材 圧縮材
ス   ギ 168m 48 22m 16m 254m
ヒ ノ キ 0m 0m 73m 0m 73m
合   計 168m 48m 95m 16m 327m
割合(%) 51.4  14.7 29.1 4.9 100.0

 

みやざき木づかい県民会議 構成団体

みやざき木づかい県民会議 事務局 宮崎県木材協同組合連合会

〒880-0805  宮崎県宮崎市橘通東1丁目11-1   TEL:0985-24-3400 / FAX:0985-27-3590

copyright 2014 みやざき木づかい県民会議 All Rights Reserved.