みやざき木づかい県民会議

  • HOME
  • 県民会議とは
  • お問い合わせ

飫肥杉をふんだんに使用した にちなん保育園 新園舎にいってきました

4月16日に日南市にある、社会福祉法人 敬慈福祉会 にちなん保育園さんにいってきました。 新園舎の工事は地元日南の業者が行い、材は飫肥杉を使用、子供達は宝。質の高い保育を目指した新舎園が完成しました。 エントランスでは、太い飫肥杉がお出迎えしてくれます。 保育園内には丸太のままの柱(16本)をはじめ、飫肥杉がふんだんに使われています。 トイレ周りも飫肥杉を使って、消臭効果があると言われてます。 玄関には大きな絵が展示されてあり、天窓から光を取り入れ、照明が必要ないぐらい明るい廊下です。 0歳から、木のぬくもりのある部屋で過ごし、のびのびしていました。 広いゆうぎ室。 また、机と椅子は地元の工芸店で作ってもらったそうです。 天井も高く広く感じます。 保育室のとなりには必ずトイレがある設計になっているそうです。 50cmの太い飫肥杉があり、天井からの光も取り入れていました。 ウッドデッキも保育園の要望で、広くとってあり、部屋の一部としても使用できます。 事務所も全部スギ材を使っていて、大径材は地元の飫肥杉を直接見に行かれたそうです。 「施主様の感想」 保育園は園児や職員にとって一日の3分の1を過ごす場所なので、ストレスなく過ごせる空間を目指しました。木の温かみ、木の香りを感じられて、ただそこにいるだけで癒される保育園になったと思います。 延べ床面積 約 995.25㎡ 設計者:浜田設計 施工者:青山設計有限会社 製材所:山佐木材株式会社 日新木材工業有限会社 社会福祉法人 敬慈福祉会 にちなん保育園 TEL 0987-23-8533

みやざき木づかい県民会議 構成団体

みやざき木づかい県民会議

copyright 2014 みやざき木づかい県民会議 All Rights Reserved.