みやざき木づかい県民会議

  • HOME
  • 県民会議とは
  • お問い合わせ

みやざきスギを使った桶胴太鼓

12月17日(火)株式会社 太鼓屋さんのみやざきスギを使った桶胴太鼓の製作の様子を取材しました。 桶胴太鼓は、鉄の輪に革を張り、杉の柾目板を桶状に組んでロープ張ってものです。 桶のように本輪(たが)がはめられているのでこの名の由来だそうです。 太鼓といえばくすの木やケヤキの木をくり抜いた「長胴太鼓」が一般的ですが、この桶胴太鼓はロープの張り具合によって比較的容易に音圧調整ができ、音質は「長胴太鼓」より軽く、パワーの点では劣りますが、さまざまな使い方ができます。
T_MG_8878_mix_R
株式会社太鼓屋さんが製作される桶胴太鼓の胴は宮崎県産スギ材、革の部分には宮崎産黒毛和牛の皮が使われています。
T_MG_8828_R
実際に製作する工程を見学させて頂きました。 桶胴太鼓の胴の部分は宮崎県産スギ材を含水率11%まで乾燥させたスギ材を太鼓の大きさに合わせて4寸、6寸幅にカットして使います。
T_MG_8813_mix_R
桶胴太鼓の寸法に合わせてカットされたスギ材の表面を「平ガンナ」で荒削りします。 これで太鼓一台分です。
T_MG_8810_mix_R
表面を荒削りした板の側面を「正直ガンナ」(写真左)で型(写真右)に合わせて削っていきます。 ※太鼓製作で一番大事な工程で、少しでも狂うと桶胴太鼓のきれいな胴にならないそうです。
T_MG_8820_R
白米をねって作ったのりを板の側面につけてのりづけします。
T_MG_8834_mix_R
太鼓の内側を「内ガンナ」で板厚をそろえて仕上げていきます。 ※大きい太鼓用のカンナには作業し易いように取手が付けられています。(職人さんがご自分で取り付けられたそうです。)
T_MG_8847_R
本輪(たが)で太鼓をしめあげて紙やすりで太鼓の表面を仕上げます。
T_MG_9070_R
最後に革の部分をロープで締めて桶胴太鼓の完成です。
T_MG_8903_mix_R
胴の部分に塗装したりロープの色も変えることが可能です。
T_MG_8863_R
株式会社 太鼓屋さんでは太鼓造りの技を活かして宮崎県産スギ材の寿司桶も作っています。 物産館等で販売しています。
_MG_9060
株式会社 太鼓屋さんの玄関には鼓面が4尺の長胴太鼓がデスプレイされています。 株式会社 太鼓屋さんでは革が破れた太鼓や胴の傷んだ太鼓の補修や修理も行っています。
inst_70
地下の和太鼓練習場(太鼓研修センター「響」)では、より多くの皆様に太鼓に親しんでいただけるよう太鼓教室を主宰しています。

橘太鼓 響座

日本を代表する伝統音楽として、国際親善、文化交流の一躍を担うことを目的に海外での公演や各種イベント等で演奏活動を行っているそうです。 また、スクールコンサートとして学校を訪問し、子どもたちとふれ合いながら、日本の伝統である太鼓について演奏および指導の講義も行っています。
katsudo_51
katsudo_50
hibiki_02

株式会社 太鼓屋

〒880-0951宮崎県宮崎市大塚町大迫南平4420 TEL:0985-54-0016 FAX:0985-54-1206 ホームページ:http://www.taikoya.com/

みやざき木づかい県民会議 構成団体

みやざき木づかい県民会議

copyright 2014 みやざき木づかい県民会議 All Rights Reserved.