みやざき木づかい県民会議

  • HOME
  • 県民会議とは
  • お問い合わせ

令和元年度みやざき木づかい県民会議総会が開催されました

8月5日(月)にニューウェルシティ宮崎にて令和元年度みやざき木づかい県民会議総会を開催しました。

 

当日は組織構成員34名(代理出席含む)、感謝状贈呈者5名、総計55名が出席されました。

開会にあたり宮崎県知事の河野俊嗣氏が、来年の東京オリンピック・パラリンピックでの選手村ビレッジプラザ建設でみやざきスギが使用されることや「森林環境譲与税」の施行について触れ、木づかい運動のさらなる普及活動に努めたいとあいさつされました。

つづいて、知事から5団体へ感謝状を贈呈されました。

≫利用部門

・みやこのじょう児童学園 様

・児童発達支援センターあはは 様

・日向市 様

≫普及啓発部門

・西臼杵林業振興協議会 様

・つくしんぼ福祉会 様

5団体の皆様、受賞おめでとうございます。

事例発表では、3団体から発表をしてくださいました。

利用部門からは日向市様が発表され、日向市庁舎は免震構造であることや、多くの市民が「自分たちの市役所」となるような場になるように考えたこと、耳川流域産の木材をふんだんに使用していることなどを説明してくださいました。

普及啓発部門では西臼杵林業振興協議会様が、高校生の林業への意識の変化について、出前講座や現場見学会の林業カリキュラムを行う前と後ではマイナスなイメージからがらりと変わったことや、幼稚園から高校生まで木育を行い、これからも自然とつながりを感じる木育で子供たちに輝ける西臼杵を引き継ぐために活動していきたいなどと発表してくださいました。

つくしんぼ福祉会様からは木育を園で積極的に取り組んでいくために製材所の方との話をする機会を設けて、端材を使った、保育士目線のおもちゃを実際に製作して製材所の方と意見交換を行ったことなどを話してくださいました。

また意見交換では、「木の使い方をもっとPRする場を設けてはどうか」「SDGsを活用した取組を導入してみては」などという意見が交わされ会議が終了しました。

 

みやざき木づかい県民会議 構成団体

みやざき木づかい県民会議

copyright 2014 みやざき木づかい県民会議 All Rights Reserved.