みやざき木づかい県民会議

  • HOME
  • 県民会議とは
  • お問い合わせ

令和元年度 みやざきの森と木造住宅を学ぶセミナー&住宅探訪 に行ってきました

令和元年度11月23日(土)に、みやざきの森と木造住宅を学ぶセミナー&住宅探訪に行ってきました。

今年も多くの参加者が集いました。

はじめに、株式会社高橋農林さまの木材伐採現場に見学しました。

お話では、大きい丸太の方が小さい丸太より値段が高いかと思えば今の時代は逆で、大きい丸太も細く切って集成材にするのが多いということや、昔は売れなかった木の端材は今はバイオマス発電用として売れるなど、近年の木材の需要の変化について話してくださり、参加者たちも興味深げに聞かれていました。

 

その後都城市にある木材技術利用センターへ行き、施設内見学がありました。

 

午後からはセミナーが開催され、県の担当が宮崎の木材状況について説明され、木は切ったら植えて、成長し、また切るという循環が大切だと話されました。

また木脇ホームの木脇社長は、みやざきのスギの良さは目に優しいことや木が柔らかい等の特徴が床材に適しているなどということを話され、これまで会社で建築した施工事例を見せてくださいました。

 

セミナーが終わったら続いては木脇ホームさんが設計された住宅を見学させていただきました。

天井は幅の広い材が一列に並んで独特の風合いがでており、床板は普通は塗装されていることが多いのですが、こちらのお宅では塗装されていないため、木本来の色や味わいが楽しめるお宅でした。

最後に見学させていただいた住宅は建築設計事務所ゆうぼく人さんが設計された住宅です。

大きく梁が出ているのが特徴的な家で、床下に取り付けられている冷暖房装置は家全体の温度を循環させてくれるので、全室同じ室温で過ごせるそうです。

 

住宅見学会が終わり、バスから降りた際にはスギで作られた木のタマゴを参加者それぞれに配布されました。

バス移動中は宮崎の木に関するビデオが流され、県産材と木造住宅について勉強になった1日でした。

みやざき木づかい県民会議 構成団体

みやざき木づかい県民会議

copyright 2014 みやざき木づかい県民会議 All Rights Reserved.